ラチャノイ島ファンダイビングツアーに引き続きご参加を頂きましたA様、ご参加ありがとうございます! 日本よりお越しのA様とのマンツーダイブも本日で最終日に。 最終日のダイビングは、のんびり楽しめるラチャノイ島とラチャヤイ島にご案内してきました。 あっという間の3日間ファンダイブでしたが、最終日に相応しい清々しい晴天の中、プーケット近郊日帰りファンダイブを締めくくることができました。 今日はリラックスしてラチャノイ島ラチャヤイ島でのファンダイブ楽しみましょうね! 海況&ダイブポイント 天気:晴れ 気温:最低28℃/最高33℃ 波:弱 流れ:弱~中 水温:29℃ 透明度:15~20m Dive1:ラチャノイ島 バナナベイ Dive2:ラチャノイ島 マンタリーフ Dive3:ラチャヤイ島 ベイ1 1本目 1本目はラチャノイ島 バナナベイ 波風がりしばらくラチャノイ島に東側で潜ることができていませんでしたが、この日は風もかなり弱まったこともあり、東側のバナナベイで潜ることができました。 A様お好みのスコーンと抜けた青い海はお預けでしたが、3日間で一番海況が良く、白砂の水底と青い海に癒されながら、のんびりとダイビングをお楽しみ頂きました。 ここではタイワンカマスの群れ、コラーレバタフライフィッシュ、クマノミ、スズメダイ、各フグ、各カサゴなど見ることができました。 2本目 2本目はラチャノイ島 マンタリーフ 1本目のバナナベイの北側の隣にあるマンタリーフへ。 潜降してすぐにタイマイ発見!ラチャノイ島でのカメとの遭遇率は低いので、ラッキー!! 最終日に思いがけない遭遇ができましたね。 ここでは他にもウミウサギ貝、コブシメ、コラーレバタフライフィッシュ、アラレフグ、タイワンカマスの群れなど見ることができました。 3本目 3本目はラチャヤイ島 ベイ1 ここでは沈船3隻と沈バイクの人工物巡りをしてきました。 沈船ハルビーレックの沈船内部に入って通り抜け(ペレネート)に挑戦するなど沈船ダイブを満喫! 3日間のプーケットでのファンダイブは終了です。 ここではスカンクアネモネフィッシュ、ワカヨウジ、ツバメウオ、ムカデミノウミウシ、キンセンフエダイ、モヨウフグ、サツマカサゴ、オニダルマオコゼ、ミナミウシノシタ、キリンミノなどなど見ることができました。 最終日は流れも波もほぼなく、リラックスしたダイビングができたことと思います。 3日間でプーケット日帰りファンダイブ全制覇されたA様!!お疲れ様でした! 季節の風向きよって東側や西側に入ったりするポイントもあるので、まだ完全制覇ではないので、また来ても違うポイントで楽しみましょうね。 次回は海況が良い日を狙って、トラフザメリベンジやラチャノイブルーの海で潜りにいらしてくださいね。 A様3日間ありがとうございました。またのご利用もお待ちしておりますね!   ファンダイブ ラチャノイ島ダイビングのページはこちら↓ https://bluemarine-divers.com/tours/racha-noi-scuba-diving/ Blue Marine Divers/ブルーマリーンダイバーズのHPはこちら! https://bluemarine-divers.com/ \SNSフォローもよろしくね!/ 最近の海ブログ 最終日はまったり、のんびりダイブ!ラチャノイ島ダイビング! プーケット日帰りファンダイブ2日目!キングクルーザー+マリンパークダイビング! お一人様でも大満喫!ピピ島ダイビング!
キングクルーザーファンダイビング ツアーに引き続きご参加頂きましたA様、ご参加ありがとうございます! 日本よりお越しのA様と2日目のマンツーファンダイブへ! 2日目は外洋のポイントキングクルーザー方面にご案内してきました。 初日のボートから他ボートへ移動をしたため、再度器材セットアップを行い、ポイントまでクルージング♪ 2日目も天候に恵まれたダイビング日和に! さて、水中の方はどうかな~?? キングクルーザー、シャークポイント、ドクマイ島でのダイビングの様子をご紹介します。 海況&ダイブポイント 天気:晴れ 気温:最低28℃/最高33℃ 波:弱~中 流れ:中~強 水温:28℃ 透明度:15m Dive1:キングクルーザー Dive2:シャークポイント Dive3:ドクマイ島 1本目 1本目はキングクルーザー 1本目はプーケットの沈船「キングクルーザー」でのレックダイビングでした。 この日も流れがあり、透視度もイマイチでしたが、魚影の濃さはいつも以上!? ここではキキンセンフエダイ、フタホシフエダイ、タイワンカマスの他にツムブリやギンガメアジやハナミノカサゴ、キイロウミウシなども見ることができました。 2本目 2本目はシャークポイント 2本目のシャークポイントは前日にも潜ったポイントですが、2日目は2番の根で昨日お目にかかれなかったトラフザメ探しへ。 目を凝らし意識を集中させて探しましたが、本日もトラフザメを見ることができませんでした。 A様もトラフザメに遭遇できず悔しいとのことで、次回のリベンジダイブが決定! ここではタイガーテイルシーホース、ワカヨウジ、シェブロンバラクーダ、イエローフィンバラクーダ、キツネフエフキ、アーレンバーグスナッパー、ホシカイワリ、インド洋の固有種スカンクアネモネフィッシュとトマトアネモネフィッシュ、 カクレクマノミ、セバエクマノミの4種類のクマノミ、アカホシカニダマシなど見ることができました。 3本目 3本目はドクマイ島 最終ダイブの3本目はドクマイ島も流れていました。 どのポイントも流れていましたが、経験本数の豊富なA様は、さすがですね!水中写真を撮る余裕もあるほどでした。 ここではドクマイ島名物のバンブーシャーク、シェブロンバラクーダ、カスミアジ、タイガーテールシーホース、スカンクアネモネフィッシュ、キイロウミウシ、ハナミノカサゴ、サビウツボ、ヘリゴイシウツボ、クモウツボなどを見ることができました。 2日目は流れもありハードなダイブでしたが、濃厚な魚影を楽しむことができたのではないでしょうか。 明日はいよいよ最終日です!明日のポイントは癒し系ポイントのラチャノイ&ラチャヤイ島です。 これまでのポイントとは打って変わって、のんびり潜ることができるかと思います♪ 最後の最後まで楽しみましょうね!   ファンダイブ マリンパーク+キングルーザーダイビングのページはこちら↓ https://bluemarine-divers.com/tours/king-cruiser-scuba-diving-day-trips/ Blue Marine Divers/ブルーマリーンダイバーズのHPはこちら! https://bluemarine-divers.com/ \SNSフォローもよろしくね!/ 最近の海ブログ 最終日はまったり、のんびりダイブ!ラチャノイ島ダイビング! プーケット日帰りファンダイブ2日目!キングクルーザー+マリンパークダイビング! お一人様でも大満喫!ピピ島ダイビング!
ピピ島ファンダイビング ツアーにご参加頂きましたA様、ご参加ありがとうございます! 日本よりお越しのA様とピピ島シャークポイントにファンダイビングに行って来ました。 今回は一人旅で初めてのプーケット旅行にいらして、ファンダイブにご参加のA様。本日より3日間連続でのマンツーマンダイビングにご案内です! 200本越えの経験ダイバーのA様、日本国内をはじめ、海外でもダイブ経験がおありだとか。プーケットではどんなダイブになるか楽しみですね♪ 直近のプーケット近郊は一部ポイントでクラゲが大量発生していたり、水中が異様に暗かったり海のコンディションが悪い日が続いていたので、念の為、事前情報としてA様に共有し、ツアー当日に。 朝から汗が出るほどの快晴に恵まれ、プーケット~ピピ島まで約2時間のクルージングをお楽しみ頂きました。 それでは、ツアーの様子をご紹介します! 海況&ダイブポイント 天気:晴れ 気温:最低29℃/最高33℃ 波:弱 流れ:中 水温:27℃ 透明度:15~20m Dive1:ピピレイ島 タートルロック Dive2:ビダノック島 Dive3:シャークポイント 1本目 1本目はピピレイ島 タートルロック この日はA様もきっと楽しんで頂ける地形が特有のポイントからスタートです! エントリーして、タートルロックと言えばの連続スイムスルーを楽しみ、リーフ沿いに流しながら潜ってきました。 やはり、水中は暗めでしたが、タイマイも2匹登場してくれ、1本目から楽しむことができました。 こちらではタイマイ2匹、ニシキフウライウオ、オニカサゴ、各種クマノミ、キンセンフエダイやフタホシフエダイの大群、ドクウツボなど見ることができました。 2本目 2本目はビダノック島 南側からエントリーし、島を西側へ移動しながらプランで潜って来ました。 まずは浅場の岩礁エリアで、恒例のブラックチップシャーク探しを行いましたが、この日は潜ってすぐにブラックチップシャークに遭遇! 一時期酷かったサーモクラインもかなり落ち着き、水中は快適な水温でしたね。 ここではトマトアネモネフィッシュ、バラクーダ、スパイニーロブスター、ヤッコエイ、そしてピピ島名物のキンセンフエダイ&フタホシフエダイの魚影を満喫。 3本目 3本目はシャークポイント 最終ダイブのシャークポイントでは流れも強く、透視度も良くない中での最終ダイブでしたが、魚の群れの数は多かったです。 大物も見たかったですが、残念ながら、この日はトラフザメに遭遇することができませんでした。 ピックハンドルバラクーダの群れ、コガネシマアジ、インドカイワリ、タイガーテールシーホース、 オトヒメエビ、各種クマノミ、アカホシカニダマシ、フエダイ系の群れ、各スズメダイなど見ることができました。 無事に初日のファンダイブを終えることができました。 明日はキングクルーザー方面に行ってきます!   ファンダイブ ピピ島ダイビングのページはこちら↓ http://bluemarine-divers.com/tours/phi-phi-scuba-diving-day-trip/ Blue Marine Divers/ブルーマリーンダイバーズのHPはこちら! https://bluemarine-divers.com/ \SNSフォローもよろしくね!/ 最近の海ブログ 最終日はまったり、のんびりダイブ!ラチャノイ島ダイビング! プーケット日帰りファンダイブ2日目!キングクルーザー+マリンパークダイビング! お一人様でも大満喫!ピピ島ダイビング!
ピピ島ファンダイビング ツアーにご参加頂きましたK様、ご参加ありがとうございます! 日本より女子旅にお越しのお客様と一緒にピピ島ダイビングツアーに行ってきました。 お二人ともPADIオープンウォーターダイバー取得されたばかりの初心者ダイバーです。 まだ数本しか潜っておらず、取得されてから久しぶりのダイビングということなので、今日はゆっくり潜って行きましょうね。 朝のお迎えに遅れが出ましたが、予定通りに出港することができました。 船上で軽朝食を頂いて、ゆっくりとお寛ぎ頂きながら、プーケットからピピ島へ! 朝から暑いくらい天候にも恵まれ、ピピ島でのダイビングも楽しみですね♪ それでは、ツアーの様子をご紹介します! 海況&ダイブポイント 天気:晴れ 気温:最低29℃/最高33℃ 波:弱 流れ:中 水温:27℃ 透明度:15~20m Dive1:ビダノック島 Dive2:ピピレイ島 タートルロック Dive3:シャークポイント 1本目 1本目はビダノック島 南側からエントリーし、島を西側へ移動しながらプランで潜って来ました。 まずは浅場の岩礁エリアで、恒例のブラックチップシャーク探しを行いましたが、この日は潜ってすぐにブラックチップシャークに遭遇! 水中の中のサーモクラインは相変わらず…。西側の壁に出ると、またまたサーモクラインが襲い、水温が低くヒヤッと冷たい海でした。 こちらではキンセンフエダイやフタホシフエダイの大群、トマトアネモネフィッシュやカクレクマノミ、クラークアネモネフィッシュ、スカンクアネモネフィッシュの4種類のクマノミ、アオリイカ、ハナミノカサゴ、ドクウツボ、ロブスターなど見ることができました。 2本目 2本目はピピレイ島 タートルロック 1本目を終えると、ピピ島の絶景を見ながらのランチタイムです。 2本目のポイントに移動する途中で、ピピ島の観光名所マヤベイも見ることができました。ピピ島の絶景を眺めながらのランチは格別ですよ! 見たかったウミガメにも遭遇でき、しかも、他のグループがおらずカメを独占! お友達と一緒にカメを撮影し、タイマイ観察のお時間を満喫頂きました。 定番の水中アスレチックも満喫!岩と岩の間を通るスイムスルーを体験してきました。 ここではタイマイ、コブシメ、タテジマキンチャクダイ、各種フエダイ、オニカサゴ、ハナミノカサゴを見ることができました。 3本目 3本目はシャークポイント 最終ダイブのシャークポイントは流れも強く、初心者ダイバーのお二人には少し大変だったこともありましたが、流れを避けながら最終ダイブを潜ることができました。 久しぶりにトラフザメにお目にかかりたかったですが、この日もトラフザメはお預け…。 シャークポイントも魚影が濃く、最後までお魚との時間をお楽しみ頂けましたね。 ピックハンドルバラクーダの群れ、コガネシマアジ、ツムブリ、インドカイワリ、タイガーテールシーホース、 ワカヨウジ、コブシメ、各種クマノミ、アカホシカニダマシ、フエダイ系の群れ、各スズメダイなど見ることができました。 プーケットから行くピピ島日帰りダイビングツアーにご参加いただきありがとうございました! たっぷり3ダイブ潜り、サメやカメといった大物に、様々な種類の生き物を見ることができた一日となりましたね。 一度、GoProを紛失してしまうハプニングもありましたが、無事に見つけることができ、本当に良かったですね! これも旅の思い出になったことかと思います。 次回はぜひ、PADIアドバンスドオープンウォーターライセンス講習に挑戦頂き、シミランダイビングにもご参加下さいね。 またのご利用をお待ちしております!   ファンダイブ ピピ島ダイビングのページはこちら↓ http://bluemarine-divers.com/tours/phi-phi-scuba-diving-day-trip/ Blue Marine Divers/ブルーマリーンダイバーズのHPはこちら! https://bluemarine-divers.com/ \SNSフォローもよろしくね!/ 最近の海ブログ 最終日はまったり、のんびりダイブ!ラチャノイ島ダイビング! プーケット日帰りファンダイブ2日目!キングクルーザー+マリンパークダイビング! お一人様でも大満喫!ピピ島ダイビング!
ピピ島ファンダイビング ツアーにご参加頂きましたU様、ご参加ありがとうございます! 年末年始に男旅にお越しお二人と一緒にピピ島ダイビングツアーへ。 お二人ともオープンウォーターダイバーで、経験本数が少ない初心者ダイバーです。 年始ということもあり、港も船上もダイバーが溢れていました。活気溢れる2024年の始まりですね! プーケット~ピピ島までは約2時間弱の船旅です。ご旅行の疲れが溜まっているのか、お二人とも船上で二度寝してダイビングに備えます。 それでは、ツアーの様子をご紹介します! 海況&ダイブポイント 天気:晴れ 気温:最低29℃/最高33℃ 波:弱 流れ:中 水温:27℃ 透明度:15~20m Dive1:ビダノック島 Dive2:ピピレイ島 タートルロック Dive3:シャークポイント 1本目 1本目はビダノック島 まずは浅場の岩礁エリアで、恒例のブラックチップシャーク探し! 浅場の岩礁エリアで遭遇できる確率が高いのですが、残念ながら、この日はブラックチップにお目にかかることはできませんでした。 浅場から中層に移動していくと、キンセンフエダイやフタホシフエダイの魚影がドーンとお出迎え。 ピピ島ならではの濃い魚影を満喫できましたね。 西側の壁に出ると凄まじいサーモクラインに襲われましたが、なんとかエキジット地点到着し、1本目を終えることができました。 こちらではキンセンフエダイやフタホシフエダイの大群、タイワンカマスの大群、トマトアネモネフィッシュやカクレクマノミ、クラークアネモネフィッシュ、スカンクアネモネフィッシュの4種類のクマノミ、アカホシカニダマシ、ハナミノカサゴ、ドクウツボ、ロブスターなど見ることができました。 2本目 2本目はピピレイ島 タートルロック ポイントの名前の通り、ここではカメに遭遇できることが多いポイントですが、狙い通りしっかりとウミガメ(タイマイ)に遭遇できました。 ゆっくりとお食事を楽しんでいるタイマイを見学することができました。 また、めでたい紅白色のニシキフウライウオや今年の干支辰ならぬ、タイガーテールシーホースも見ることができ、年始に相応しいダイブでしたね。 定番のアスレチックも満喫!岩と岩の間を通るスイムスルーを体験してきました。 オープンウォーターのお二人ですが、GoProで撮影しながら、上手に通り抜けることができました。 ここではタイマイ、ニシキフウライウオ、各種フエダイ、各種ウミウシ、ハナミノカサゴを見ることができました。 3本目 3本目はシャークポイント 年末年始頃よりシャークポイントでは水温が下がっているせいか、ギターシャークが出没していました。いつもはトラフザメですが、今回はギターシャークに期待しつつ潜って来ましたが、今回はどちらも見ることができず…二兎を追う者は一兎をも得ずですね。 シャークポイントは透視度も悪く、流れも出ていた為、2本目までは安定していたお二人も少し感覚が違ったようです。 ここではピックハンドルバラクーダやシェブロンバラクーダの群れ、タイガーテールシーホース、 白いワカヨウジ、ゴマウツボ、インドカイワリ、各種クマノミ、アカホシカニダマシ、フエダイ系の群れ、各スズメダイ、ソフトコーラルなど見ることができました。 プーケットから行くピピ島日帰りダイビングツアーにご参加いただきありがとうございました! 天気は安定して良かったのですが、水中はサーモクラインが発生し、冷たくて濁っていることが多くいのですが、その分大物への期待も大! 今回は大物に遭遇することはできませんでしたが、またリベンジですね。 また、機会がございましたら、ぜひプーケットの日帰りファンダイブにご参加下さいね。またのご利用をお待ちしております!   ファンダイブ ピピ島ダイビングのページはこちら↓ http://bluemarine-divers.com/tours/phi-phi-scuba-diving-day-trip/ Blue Marine Divers/ブルーマリーンダイバーズのHPはこちら! https://bluemarine-divers.com/ \SNSフォローもよろしくね!/ 最近の海ブログ 最終日はまったり、のんびりダイブ!ラチャノイ島ダイビング! プーケット日帰りファンダイブ2日目!キングクルーザー+マリンパークダイビング! お一人様でも大満喫!ピピ島ダイビング!
シミランショートクルーズにご参加頂きましたU様、ご参加頂きありがとうございます! スタンダード船の「SONBOON(ソンブーン)」で行く2泊3日のシミランショートクルーズへ! 年末年始休暇を利用し、ダイブ仲間と一緒にショートクルーズにご参加です。 年末年始のショートは特に日本人ダイバーに人気があり、案の定は乗船者はほぼ日本人ダイバーでした。 乗船日当日の朝のタプラム港には、たくさんのダイバーで賑わっていましたが、今回の年越しショートクルーズは日帰りダイブとショートクルーズ参加者は別々のボートでの催行でした。年末年始のショートクルーズは、船上も大忙しですが、今回は催行もスムーズ。 年末年始が近くなると、天候が安定していて良かったのですが、今シーズンはどこのポイントでもサーモクラインが出ていて、水温が低めの海況です。 特にシミランはそれが顕著ということで、心配だったのですが、クルーズ参加時はそれほどのこともなく一安心。 今回ご参加頂いたショートクルーズですが、ダイバーに人気のリチェリューロックにもご案内するスケジュールでしたので、シミラン、ボン島、タチャイ島、リチェリューを効率良く周遊するハイライトコースで欲張りな年越しをお過ごし頂きました。 今回のクルーズではシミランの北端9番の島よりクルーズ開始し、 ボン島、タチャイ島と北上し、リチェリューロックまで足を延ばし、ナイトや早朝ダイブも含めて計11本潜って来ました。 ダイブクルーズ 1日目 シミラン諸島、ボン島、タチャイ島 Dive1:Similan Snapper Alley Dive2:Similan Christmas Point Dive3:Ko Bon Dive4:Tachai  Reef クルーズ最初のポイントはシミラン諸島9番の島にあるスナッパーアレイでチェックダイブ。 真っ白な砂地が広がるポイントで、流れもほぼなく、のんびりまったり癒しのダイビング♪ 2本目は同じくシミラン諸島9番の島にあるクリスマスポイントで潜りました。年末前頃よりここのポイントでマンタげ連日遭遇しており、激熱なポイントとなっていました。マンタに期待しつつ、2本目へ。透視度がイマイチな中で、霞むマンタの影。「あっ、マンタ!」と思い、写真に収めようとしたところ、泳ぎが早かったこともあり、スーっと通り過ぎて行ってしまいました。私は写真に収めることができませんでしたが、お客様の1名がマンタを撮ることができ、満足されておりました。他2名はお目にかかることができず、残念でしたが、このあとのダイブに賭けましょう! 北上しボン島の西側ウェストリッジで3本目。残念ながら、マンタは登場してくれませんでした。 4本目はタチャイ島に移動して、タチャイリーフでないとダイブでした。ナイトダイブでは、岩場で休んでいるマダラエイを発見! マンタ、マダラエイ、ジェンキンスホイップレイ、ホワイトチップシャーク、イエローダッシュフュージュラー、インディアンバガボンドバタフライフィッシュ、コラーレバタフライフィッシュ、パウダーブルーサージョンフィッシュ、ロウニンアジ、カスミアジ、ムスジコショウダイ、ドクウツボ、各種フグ、スカンクアネモネフィッシュ、スカシテンジクダイ、キンギョハナダイ、各種スズメダイなど見ることができました。 2日目 2日目 リチェリューロック、タチャイ島、ボン島 Dive1:Richeliue Rock Dive2:Riechelieu Rock Dive3:Tachai Pinacle Dive4:Koh Bon 大晦日はダイバーの憧れであるリチェリューロックで2本潜って来ました。朝一のリチェリューロックは水中も空いていて、まさにお魚天国。徐々に他ダイブクルーズボートがやってきたので、水中はダイバーでいっぱいでしたが、リチェリューロックは透明度も良く、魚影も濃く圧巻の水中景観を堪能することができました。小魚を狙うキツネフエフキやカスミアジ、ロウニンアジ、ツムブリの大群など回遊魚のハンティングは迫力満点! 3本目はまたタチャイ島に戻りタチャイピナクルで潜りました。こちらも水中は透明度も良く、緩やかな流れに乗って、トップの岩場で、ロブスターの群れを見て、東側の沖でロウニンアジとフュージュラーの迫力あるシーンを観察してきました。 4本目のナイトダイブはボン島のウェストリッジで2023年最後の潜り納め。大物には遭遇できませんでしたが、回遊魚の群れを見たり キツネフエフキ、ツムブリ、ロウニンアジ、ギンガメアジ、コガネシマアジ、カスミアジ、ピックハンドルバラクーダ、ツバメウオ、ユカタハタ、スカシテンジクダイ、キンセンフエダイ、アデヤッコ(幼魚)、ムスジコショウダイ、タコ、ハナミノカサゴ、各種フュージュラー、各種クマノミなどを見ることができました。 3日目 3日目 シミラン諸島 Dive1:Similan Christmas Point Dive2:Similan Stonehenge Dive3:Similan Honeymoon Bay 新年あけましておめでとうございます。元旦は海だけでなく、4番の島に上陸し、島の観光も楽しんできました。シミラン諸島のシンボル「セイルロック」にも登って来ました。シミランショートクルーズもあっという間に最終日です。新年早々良いことがありますように♪ 新年最初のダイブ、記念すべき初潜りは、マンタリベンジで、クリスマスポイントで潜って来ました。初日よりも透視度は良くなっていましたが、マンタは出てくれず…ホワイトチップリーフシャークや特大サイズのカンムリブダイを見ることができました。 2本目は4番の島のストーンヘンジ。岩がたくさん積み重なっているポイントで、シミラン特有の巨岩が織りなす美しい水中景観を見ながら、のんびりとダイビングをお楽しみ頂きました。 3本目はハネムーンベイでショートクルーズのラストダイブ!シミランブルーの青く透き通る海にキラキラと輝く小魚たち。最終ダイブはのんびりまったり癒されながら、心地よいダイビングで締めくくりとなりました。 カンムリブダイ、カスミアジ、キツネフエフキ、ゴシキエビ、ジェンキンスホイップレイ、ブラックピラミッドバタフライフィッシュ、ムスジコショウダイ、ワヌケヤッコ、各種クマノミ、各種フュージュラー、スカシテンジクダイ、コラーレバタフライフィッシュ、インディアンダッシラスなどを見ることができました。 3日間のシミランショートクルーズにご参加頂きありがとうございました! 年末年始は天候・海況が荒れることが多く、心配していたのですが、今回は天候・海況に恵まれた3日間のショートクルーズでした。コンディションに恵まれ、無事に計11ダイブを潜ることができました。 今回は一度だけマンタを見ることができ、船上での年越しカウントダウンなど素敵な年越しダイブの思い出を作ることができましたね。 また機会がありましたら、ぜひ、ショートクルーズにご参加下さい。またのご利用をお待ちしております。   シミランショートクルーズのページはこちら↓ https://bluemarine-divers.com/tour-category/similan-cruise-south-siam/ Blue Marine Divers/ブルーマリーンダイバーズのHPはこちら! https://bluemarine-divers.com/ \SNSフォローもよろしくね!/ 最近の海ブログ 最終日はまったり、のんびりダイブ!ラチャノイ島ダイビング! プーケット日帰りファンダイブ2日目!キングクルーザー+マリンパークダイビング! お一人様でも大満喫!ピピ島ダイビング!
キングクルーザーファンダイビング ツアーにご参加頂きましたM様、ご参加ありがとうございます! 日本からお越しのM様とマンツーマンでキングクルーザー方面3ダイブに行って来ました。 M様は以前にプーケットでアドバンスドオープンウォーターを取得されてことがあるそうで、今回はコロナ明けに久しぶりにプーケットでの日帰りファンダイブにご参加です。 何度かプーケットで潜ったことがあるM様ですが、記憶がないようで、今回は記憶に残るダイビングになるかな~ マンツーマンでのキングクルーザー、シャークポイント、ドクマイ島でのダイビングの様子をご紹介します。 海況&ダイブポイント 天気:曇り、雨 気温:最低28℃/最高33℃ 波:弱~中 流れ:中~強 水温:28℃ 透明度:15m Dive1:キングクルーザー Dive2:シャークポイント Dive3:ドクマイ島 1本目 1本目はキングクルーザー 1本目はプーケットの沈船「キングクルーザー」でのレックダイビングです。 この日は潮見からも流れが強い予想で、案の定、水中はビュンビュンに流れていました。 事前に流れていることが分かっていた為、エントリーしてすぐにモーリングラインに掴まり、ロープ潜降。 流れている分、魚影はいつも以上に濃かったので、流れを忘れてお魚に夢中になってしいましたね。 船体をぐるっと囲む魚影と巨大な沈船はまさに圧巻です! ここではキキンセンフエダイ、フタホシフエダイ、タイワンカマスの他にツムブリやギンガメアジやハナミノカサゴ、キイロウミウシなども見ることができました。 2本目 2本目はシャークポイント 2本目のシャークポイントも流れていました。 先に2の根でトラフザメを狙って行きましたが、この日はトラフザメを見ることができませんでした。残念、、、 1の根へ向かっているとスーッと現れたマダラトビエイ。 シャークポイントではなかなか見れないレアなマダラトビエイですが、他チームがいなかった為、独占で見ることができ、これまたラッキー!! ここではタイガーテイルシーホース、ワカヨウジ、シェブロンバラクーダ、イエローフィンバラクーダ、キツネフエフキ、アーレンバーグスナッパー、ホシカイワリ、インド洋の固有種スカンクアネモネフィッシュとトマトアネモネフィッシュ、 カクレクマノミ、セバエクマノミの4種類のクマノミ、アカホシカニダマシなど、さらにはレアなマダラトビエイまで! 3本目 3本目はドクマイ島 最終ダイブの3本目はドクマイ島でした。 島のウォールを流しながら潜るドリフトダイブ。 流れに負けず、ウォ―ルで小物を見たり、ウォ―ルの反対ではシェブロンバラクーダなどの群れ系も楽しめました。 ここでは岩の下にいたバンブーシャーク、シェブロンバラクーダ、カスミアジ、タイガーテールシーホース、スカンクアネモネフィッシュ、キイロウミウシ、ハナミノカサゴ、サビウツボ、ヘリゴイシウツボ、クモウツボなどを見ることができました。 3本目が終わる頃には、雲行きが怪しくなり、スコールに遭ってしまいましたが、無事に3本終えることができました! 今回は3本とも流れていて、水中では大変だったところもありましたが、その代わり魚影がもの凄かったですね。 久しぶりのダイビングで、多少は不安もあったようですが、濃い魚影が不安を解消してくれたようで、ダイビングをお楽しみできたようで良かったです。 今年は異常気象!?まだ雨風が強い日があったり、雨の影響でサーモクラインが発生し水温が下がったりしていますが、また乾季のベストシーズンに潜りにいらしてくださいね。 またのご利用をお待ちしております。   ファンダイブ マリンパーク+キングルーザーダイビングのページはこちら↓ https://bluemarine-divers.com/tours/king-cruiser-scuba-diving-day-trips/ Blue Marine Divers/ブルーマリーンダイバーズのHPはこちら! https://bluemarine-divers.com/ \SNSフォローもよろしくね!/ 最近の海ブログ 最終日はまったり、のんびりダイブ!ラチャノイ島ダイビング! プーケット日帰りファンダイブ2日目!キングクルーザー+マリンパークダイビング! お一人様でも大満喫!ピピ島ダイビング!
ラチャノイ島ファンダイビングツアーにご参加を頂きましたT様、ご参加ありがとうございます! 日本より勤労感謝の連休を利用し、プーケットにお越しのT様ご夫婦と一緒にラチャノイ島ラチャヤイ島に行ってきました。 勤労感謝の日で祝日の日本ですが、タイ・プーケットでは関係無いので、日本からプーケットに遊びにいらしたお客様をご案内(笑)! 旦那様は1300本越えのベテランダイバーですが、奥様は初心者ダイバー、そして初めてのファンダイブ&海外初ダイブになります。 ご予約の段階で、ラチャノイ島方面またはピピ島方面で検討されていましたが、今回は初心者の奥様でも潜りやすいラチャノイ方面にご参加頂きました。 シャロン港からプーケットの乗り合いダイビングボートに乗船。初めての海外ダイブ奥様にとっては、プーケットのダイビングボートの大きさや船上でのサービスや空間に驚かれたことでしょう。 ここ最近のプーケットは天候・海況が不安定なことが多かったですが、この日は少し太陽も顔を出してくれました。あとは海況が良いことを祈るだけです。 初めての海外ファンダイブに少し緊張気味の奥様。船上で色々とお話をお伺いすると、奥様は耳抜きが苦手とのことでしたので、1本目は浅場のあるバナナベイだったこともあり、浅場まで水面移動して潜降することにしました。 今日はリラックスしてラチャノイ島ラチャヤイ島でのファンダイブ楽しみましょうね! 海況&ダイブポイント 天気:晴れ時々曇り 気温:最低28℃/最高33℃ 波:弱 流れ:弱~中 水温:29℃ 透明度:15~20m Dive1:ラチャノイ島 バナナベイ Dive2:ラチャノイ島 マンタリーフ Dive3:ラチャヤイ島 ベイ1 1本目 1本目はラチャノイ島 バナナベイ ボートからジャイアントスライドでエントリし、浅場まで水面移動し、呼吸を整え潜降トライ。 心配されていた耳抜きもスムーズにクリアできて、水中ツアーへ出発! 海の中へ入ると、最初は旦那様に手を取ってもらいながら浮力を保ったり、カメラにポーズできなかったりしましたが、1本目の最後の方には感覚が掴めてきたよう。 ベテランダイバーの旦那様が時折奥様をフォローしながら、1本目は奥様のペースに合わせてゆっくりダイビング♪ 少し曇り空だったので、水中の輝きがもうちょい足りない感じが、残念でしたが、小魚たちがサンゴの周りを乱舞する光景などもラチャノイ島らしい癒しの水中景観をお楽しみ頂きました。 ここでは各クマノミやスズメダイ、モヨウブグ、アラレフグ、アカヒメジ、タイワンカマスの群れなど見ることができました。 2本目 2本目はラチャノイ島 マンタリーフ 1本目のバナナベイの北側の隣にあるマンタリーフへ。 潜降もスムーズに決まり、水中に潜ると、すぐにタイマイを発見! ピピ島に比べるとラチャノイ島でのカメとの遭遇率は低いので、今回はレア回です。 しばらくタイマイと一緒にラチャノイ島の海を泳いでお楽しみ頂いたあとは、食事するタイマイも観察することができました。 ダイバーを気にせず、マイペースなタイマイに癒されましたね。 茶色っぽいエダサンゴの端では大きなアラレフグを発見! こちらもタイマイに負けずと、ダイバーを気にしないタイプのおっとり系なフグでした。 ここでは他にもウミウサギ貝、イバラカンザシ、コブシメ、 コラーレバタフライフィッシュ、オニカサゴ、アラレフグ、タイワンカマスの群れなど見ることができました。 3本目 3本目はラチャヤイ島 ベイ1 ベイ1では奥様にとって初の沈船ダイブをお楽しみ頂きました。 3本目のラチャヤイ島は流れも出ていた為、今回は沈バイクへご案内することができませんでしたが、沈船ハルビーレックの沈船内部に入って通り抜け(ペレネート)に挑戦するなど沈船ダイブを満喫! ラチャヤイ島は人工物の沈船や魚礁ブロックなどがあり、生き物探しも楽しいポイントです。 インド洋の固有種をはじめ、今回もいろいろな海の生き物を見ることができました。 ここではインデアンオーシャンウォークマン(ペア)、スカンクアネモネフィッシュ、ワカヨウジ、ツバメウオ、ムカデミノウミウシ、キンセンフエダイ、モヨウフグ、サツマカサゴ、オニダルマオコゼ、ミナミウシノシタ、キリンミノなどなど見ることができました。 プーケットの日帰りファンダイブご参加頂きありがとうございました! ご夫婦揃って3ダイブ楽しむことができましたね。 水中は多少流れがありましたが、ここプーケットでしか見れないお魚などたくさん見ることができ、船上ではお魚についても知ることができ、満足頂きました。 今回潜った感覚を忘れずに、これからもご夫婦一緒に仲良くダイビングを楽しんで行って下さいね。 次回のご利用もお待ちしておりますね!   ファンダイブ ラチャノイ島ダイビングのページはこちら↓ https://bluemarine-divers.com/tours/racha-noi-scuba-diving/ Blue Marine Divers/ブルーマリーンダイバーズのHPはこちら! https://bluemarine-divers.com/ \SNSフォローもよろしくね!/ 最近の海ブログ 最終日はまったり、のんびりダイブ!ラチャノイ島ダイビング! プーケット日帰りファンダイブ2日目!キングクルーザー+マリンパークダイビング! お一人様でも大満喫!ピピ島ダイビング!
ピピ島ファンダイビング ツアーにご参加頂きましたY様ご夫婦、ご参加ありがとうございます! イタリアからお越しのご夫婦と一緒にピピ島ダイビングツアーへ。 初めてプーケットでのファンダイブツアーにご参加のY様ご夫婦。 お二人ともオープンウォーターダイバーで、経験本数が少ない初心者ダイバーです。 お問い合わせの段階から自己評価がしっかりされていたY様は、事前に不安な点や自分たちのスキルなどを自己報告頂き、また潮汐表も確認しているしっかり者! やり取りをしていく中で、自由潜降が初めてということでしたので、通常のブリーフィングに加えて、自由潜降のコツについて説明も行いましたが、水中では潜降も問題なく潜ることができ、スキルアップ、そして自信につながるダイビングができましたね。 この日は潮汐表によると、3本目のシャークポイントで流れるかな?と予想されていた為、少し心配していました。 当初、不安もあったY様より「3本目はスキップも検討しています…」とのことでしたが、1、2本目の潜降も問題なかった為、予定通り3本潜ることができました。 それでは、ツアーの様子をご紹介します! 海況&ダイブポイント 天気:曇り 気温:最低28℃/最高32℃ 波:弱 流れ:中 水温:29℃ 透明度:15~20m Dive1:ビダノック島 Dive2:ピピレイ島 タートルロック Dive3:シャークポイント 1本目 1本目はビダノック島 南側の浅場の岩礁エリアよりジャイアントスライドでエントリー、心配していた自由潜降もできました。 まずは恒例のブラックチップシャーク探し! 浅場の岩礁エリアで遭遇できる確率が高いのですが、残念ながら、この日はブラックチップにお目にかかることはできませんでした。 気を取りなおして、水中ツアー続けてきますよ! 浅場から中層に移動していくと、Y様、念願のキンセンフエダイやフタホシフエダイの魚影が登場です。 ピピ島の濃い魚影を一度見てみたい!とおしゃっていたY様、1本目から念願が叶っちゃいましたね♪ 大群の中へ泳いで行ったり、お魚と戯るひとときを満喫。 こちらではキンセンフエダイやフタホシフエダイの大群、トマトアネモネフィッシュやカクレクマノミ、クラークアネモネフィッシュ、スカンクアネモネフィッシュの4種類のクマノミ、タイワンカマス、アカホシカニダマシ、ハナミノカサゴ、ドクウツボなど見ることができました。 2本目 2本目はピピレイ島 タートルロック ここでの狙いは何といってもカメ!タイマイです。 ポイントの名前の通り、ここではカメに遭遇できることが多いポイントです。 狙い通りしっかりとウミガメ(タイマイ)に遭遇できました。 サンゴが斜めに広がるサンゴ畑で、ゆっくりとお食事を楽しんでいるタイマイを見学することができました。 透明度も良かったので、はっきりとタイマイの様子を観察することができましたね。 また、カメとのツーショット撮影や、GoProを持参された旦那様はタイマイの撮影を楽しまれていました。 カメだけないタートルロック!岩と岩の間をスイムスルーができ、アクティブに楽しめますよ。 タートルロック名物の連続スイムスルーにも挑戦しましたが、難なくこなし、狭い岩の穴を通り抜けることができました。 元々中性浮力は大丈夫!と自己評価されていたので、簡単だったかな?? ここではタイマイ、キンセンフエダイ、フタホシフエダイ、各クマノミ、ハナミノカサゴなど見ることができました。 3本目 3本目はシャークポイント いよいよシャークポイントです。1本目と2本目で自由潜降の経験を積んでいたため、少し流れはありましたがスムーズに潜降できました。 シャークポイントで狙いたいトラフザメ! 2本目のタートルロック同様に、こちらではサメ(トラフザメ)に遭遇できることが多いポイントです。 前回のピピ島ではトラフザメに遭遇できずでしたが、今回はどうかな? 潜降してすぐにトラフザメ 発見! しかも、他グループがおらず、私たちだけで独占できました。 ここでは、他にはピックハンドルバラクーダやシェブロンバラクーダ、タイガーテールシーホース、 白いワカヨウジ、サビウツボ、コブシメ、各種クマノミ、アカホシカニダマシ、フエダイ系の群れ、各スズメダイ、ソフトコーラルなど見ることができました。 プーケットから行くピピ島日帰りダイビングツアーにご参加いただきありがとうございました! 念願だったゴールデンウォールをご自分の目で見ることができ、感動体験になりましたね。 また、初めてだった自由潜降もマスターでき、これからも色々な場所でファンダイブが楽しめそうですね! 今回潜った感覚が薄れないうちに、ファンダイブに遊びにいらしてください。 他のプーケットのダイブポイントでのご参加お待ちしておりますね!   ファンダイブ ピピ島ダイビングのページはこちら↓ http://bluemarine-divers.com/tours/phi-phi-scuba-diving-day-trip/ Blue Marine Divers/ブルーマリーンダイバーズのHPはこちら! https://bluemarine-divers.com/ \SNSフォローもよろしくね!/ 最近の海ブログ 最終日はまったり、のんびりダイブ!ラチャノイ島ダイビング! プーケット日帰りファンダイブ2日目!キングクルーザー+マリンパークダイビング! お一人様でも大満喫!ピピ島ダイビング!
ピピ島ファンダイビング ツアーにご参加頂きましたO様&A様、ご参加ありがとうございます! 日本の連休を利用し、日本からお越しの仲良しグループのお二人と一緒にピピ島ダイビングツアーへ。 初めてのタイ・プーケット旅行にお越しのお二人ですが、A様は海外ダイブ初めてだそうで、ドキドキワクワクな一日の始まりです。 初めてプーケットでファンダイブツアーにご参加頂き、ボートの大きさ、船上でのお食事、スタッフのサービスに大変驚かれていました。 プーケットのダイビングは乗り合いの大型ダイビングボートを利用している為、日本国内とはまた違って面白いですね。ダイビングスタイルの違いも感じながら、ファンダイブツアーを満喫! AOWダイバーのお二人ですが、今回ご案内するピピ島はタイの国立公園に指定されているポイントです。プーケットとピピ島でのダイブルールをお伝えし、ブリーフィングもしっかりと行い、準備OK!! この日はシャークポイントからのスタートでした。心の準備OK!あとはダイビングを楽しむだけですね。 海況&ダイブポイント 天気:曇り、雨 気温:最低28℃/最高32℃ 波:弱 流れ:弱~中 水温:29℃ 透明度:15~20m Dive1:シャークポイント Dive2:ビダノック島 Dive3:ピピレイ島 タートルロック 1本目 1本目はシャークポイント この日は最初にシャークポイントに立ち寄り、1本目でした。 シャークポイントで狙いたいトラフザメですが、1本目から出てくれるかな?? ジャイアントもかっこよく決め2番の根からエントリーし、1番の根に移動しながらのドリフトダイブ。 今回は残念ながら、トラフザメをお目にすることは叶いませんでしたが、ピックハンドルバラクーダや、タイガーテールシーホース、 白いワカヨウジ、各種クマノミ、アカホシカニダマシ、フエダイ系の群れ、それに私もお初なシボガウミウシなどなど見ることができました。 2本目 2本目はビダノック島 ビダノック島の南側の岩礁エリアよりエントリーし、北側に流すドリフトダイブで潜ってきました。 この日は透明度も良く、キンセンフエダイの群れもゴールドに輝いていました。 大きな黄色の魚影はまさに、ゴールデンウォール!!! O様は最近人気の360度カメラを持参されていたので、どんな感じに撮影できたか楽しみですね♪ キンセンフエダイやフタホシフエダイの大群、トマトアネモネフィッシュ、アオリイカ、スパイニーロブスター、ドクウツボ、ハナミノカサゴなど見ることができました。 3本目 3本目はピピレイ島 タートルロック ピピレイ島の西側にあるポイントです。南に下るとピピ島の人気スポット「マヤベイ」があり、船上からマヤベイ観光もお楽しみ頂きました。 ポイントの名前の通り、ここではカメに遭遇できることが多いポイントです。 この日もしっかりとウミガメ(タイマイ)に遭遇、しかも2個体に遭うことができました。 タートルロックはピピ島の石灰岩からなる岩山が水中まで続き、岩と岩の間をスイムスルーができたり、岩の割れ目から光が差し込む幻想的な空間を楽しむことができたり、ピピ島の地形も楽しめますが、タートルロック名物の連続スイムスルーも満喫! また、スイムスルーを通ると、目の前にブラックチップシャーク! タイマイ、ブラックチップシャーク、ウミウチワ、フエダイ系の群れなど見ることができました。 ピピ島からプーケットに戻る途中には雨に遭い、乾季に入っているプーケットですが、まだ不安定感の残るお天気でしたね。 次回は、ベストシーズン&晴れのコンディションの良い時に潜りにいらしてほしいです。 プーケットから行くピピ島ダイビングツアーにご参加いただきありがとうございました! プーケットの至れり尽くせりなファンダイブツアー、贅沢な気分でツアーお楽しみ頂けたようで良かったです。 毎年の恒例行事にします!とのお声を頂き、嬉しい限りですね。 ぜひ、贅沢な気分になれるプーケットのファンダイブに遊びにいらしてくださいね。 プーケット近郊の他のポイントをはじめ、乾季限定のシミランダイブクルーズもありますので、また来年のお越しをお待ちしております!   ファンダイブ ピピ島ダイビングのページはこちら↓ http://bluemarine-divers.com/tours/phi-phi-scuba-diving-day-trip/ Blue Marine Divers/ブルーマリーンダイバーズのHPはこちら! https://bluemarine-divers.com/ \SNSフォローもよろしくね!/ 最近の海ブログ 最終日はまったり、のんびりダイブ!ラチャノイ島ダイビング! プーケット日帰りファンダイブ2日目!キングクルーザー+マリンパークダイビング! お一人様でも大満喫!ピピ島ダイビング!