魚影の濃さ&ダイナミックな地形!

映画「ザ・ビーチ」の舞台として一躍有名になったピピ島へ行くプラン。

プーケットからダイビング専用ボートでおよそ3時間。
なんと言っても魚影の濃さ、種類豊富でカラフルなソフトコーラル、ダイナミックな地形が魅力的なピピ島!
ポイントによっては、スイムスルーやドリフトダイブなどのスキルもお楽しみ頂けます。
また、海況の影響を受けやすく、透明度が悪かったり、流れが強かったりする時があり、特に乾季にオススメのダイビングポイントです。
ピピ島名物のキンセンフエダイの大群、ブラックチップリーフシャーク、ウミガメとの遭遇チャンスもあります。
ウォールやケーブなどのダイナミックな地形も楽しめ、中級から上級者ダイバーにオススメのポイントです。

ダイビング本数
3本
ボートタイプ
ダイビング専用ボート
料金に含まれるもの
ダイビング船利用代 日本人インストラクター
ホテル間送迎代(パトン、カタ、カロン地区、その他地区プラス料金) 船上での軽朝食、昼食、スナック、お飲み物代
ダイビング保険料
料金に含まれないもの
有料のお飲み物代
(ソフトドリンク約30B、アルコール類約80B)
お気持ちでインストラクターやボートクルーへのチップ
レンタル器材代
国立公園料:お一人様600B
レンタル器材料金
(お一人様)
フルレンタル器材:700B/日
(マスク&スノーケル、フィン、BCD、レギュレーター、半袖ウエットスーツ)
フルレンタル器材:900B/日
(マスク&スノーケル、フィン、BCD、レギュレーター、長袖ウエットスーツ)
※フルレンタル器材にはダイブコンピューターは含まれません。
【単品】
BCD
:250B/日
レギュレーター:250B/日
ダイブコンピューター:500B/日
マスク&スノーケル:100B/日
フィン:100B/日
半袖ウェットスーツ:100B/日
長袖ウェットスーツ:300B/日
持ち物
• ホテル貸し出しのビーチタオル
• 日焼け止め
• 必要な分のお金
• 着替え、上着
(通常はそのままの服装でお帰りですが、ご希望の方はご持参下さい)
服装
• 水着を下に着てその上にTシャツや短パンなどの軽装、
ビーチサンダル

 

注意事項

お支払い方法について
・お支払いは、当日ご担当インストラクターへタイバーツの現金にてお支払いとなります。
・事前決済をご希望の場合は、ご予約時にお知らせ下さい。
事前決済は、日本の銀行口座へのお振込み、インターネットでのクレジットカード決済(Paypalシステム利用)、タイの銀行口座へのお振込みよりご選択が可能です。

キャンセル料金について
・お客様のご都合によるキャンセルの場合は、
ダイビング3日前の18時までにご連絡頂ければ、キャンセル料無料。
ダイビング3日前の18時以降から当日の間のご連絡、または、無連絡の場合は、100%のキャンセル料が掛かります。
・繁忙期は、特別なキャンセル規定となります。
ダイビング5日前の18時までにご連絡頂ければ、キャンセル料無料。
ダイビング5日前の18時以降から当日の間のご連絡、または、無連絡の場合は、100%のキャンセル料が掛かります。

保険、補償について
店では万が一に備え、傷害保険に加入しておりますが、お国柄、補償額が少なく、満足な補償が得られない可能性があります。
・また60歳以上の方は保険が適応されませんので、ご出発前には必ずご自身で海外旅行傷害保険等に加入して頂きますようお願い致します。
・当店ではお客様が被られた損害、傷害、疾病治療費については補償致しません。

備考
・お客様の安全を優先する為、天候やその他不慮の事情により、予告無しにコースを変更又は中止する場合があります。予めご了承下さい。
・ ボート会社の都合により、予告無しに、急遽スケジュールやポイントが変更となる場合がありますので予めご了承下さい。
・ボート会社の都合により、シーズン中でも料金が予告なく変更となる場合がございますので予めご了承下さい。
・国立公園料・ダイバーフィーが掛かります。可能な限り最新の料金を掲載しておりますが、予告なく変更となる場合もございます。予めご了承下さい。

・ダイビングご参加前に、免責同意書に同意頂き、ご署名を頂きますので予めご了承下さい。
・ ダイビング後は、最低18時間、推奨24時間は飛行機に乗れませんのでご注意下さい。
・病歴書に問題のない方でも60歳以上の方は医師の診断書のご用意をお願いします。
・ダイビングご参加には、ご参加者様全員分のパスポート番号、生年月日、プーケットご到着日の便名&時間、プーケットご出発日の便名&時間の情報が必要となりますので、予めご了承下さい。

Additional information

ご参加条件Cカード保持者(未成年者様がご参加の場合、保護者様の同意の署名が必要となります)
催行人数大人1名様以上で催行となります。

※天候や海況、交通状況によっては中止、変更、延着の場合がございます。
※スケジュールはパトン地区を基準としております。

7:30

ホテルお迎え

乗り合い送迎車にて移動

8:15

チャロン港に到着

港または船上にて、担当インストラクターと合流
8:30

乗船&出港

書類記入、器材準備、ダイビングのご説明など
11:30

ピピ島に到着、1本目のダイビング

ダイナミック且つ美しい地形を眺めながらのダイビングをお楽しみ下さい(約45分間)
13:00

船上にてランチタイム

日本人でも食べやすいビュッフェランチをご堪能下さい
14:00

ピピ島にて2本目のダイビング

たくさんのお魚を見ながらのんびりダイビングをお楽しみ下さい(約45分間)
16:30

3本目のダイビング

シャークポイントorドクマイ島orアネモネリーフのどちらかになります。今日最後のダイビングをお楽しみ下さい(約45分間)
17:20

ピピ島近郊より出発

チャロン港に向け出発
18:30

チャロン港に到着&下船

下船してから乗り合い送迎車にて移動
19:30

ホテルに到着予定

お疲れ様でした!

ピピ島

時期 一年中 レベル 初級~
深度 5m~30m 流れ 弱い
透明度 5m~20m

ビダノック
ピピレイ島の南に位置しビダナイ島南側のポイント。
外見は断崖絶壁!ウォールダイビングがメインのポイントです。

通常は、島の南側の小さな入り江からエントリーします。
南側は浅く緩やかなスロープになっており、島の東側または西側をドリフトします。
南側以外はウォールのようになっており水底は砂地で、最大深度は約25m~です。

水底20mほどまで降りていくと、レオパードシャークやカメなどに遭遇できることもあります。
ハードコーラルやソフトコーラルが多く、ハナダイやスズメダイが多く生息しています。
イソギンチャクも多く、スカンクアネモネフィッシュなどクマノミの仲間を見ることができます。
沖合いの潮当たりの良いところでは、回遊魚も見られ、たまにブラックチップシャークも見られることがあります。

ビダナイ
ピピ島南側のポイント。

ビダノックのすぐ隣に位置し、ビダノックより小さく、外見は同じ断崖絶壁です。
エントリーは南側の流れの穏やかな浅瀬から行い、東側または西側へドリフトしていきます。

南側はサンゴが多く緩やかなスロープになっており、ウミウチワやソフトコーラルの色鮮やかな水中景観が癒されるポイントです。
水底は沖に行くと砂地になり、レオパードシャーク、また中層ではバラクーダが群れていることもあります。
岩の多いところでは、スイムスルーができるところもあります。

潮当たりの良いところでは、ピックハンドルバラクーダの姿も見ることができ、キンセンフエダイの群れの大きさは圧巻です!
トマトアネモネフィッシュやニシキフウライウオ、タツノオトシゴなど小物好きにも楽しいポイントです。

タートルロック
ピピレイ島にあるポイント。
ウミガメとブラックチップシャークに遭遇できる確率の高いポイントです。

水中は穏やかな岩場が浅瀬から沖に向かい少しずつ深度が取れるようになっています。
初心者にもやさしい、のんびりポイントです。

アネモネリーフ
シャークポイントから数分の所にある外洋の
隠れ根ポイント。
根の周りにたくさんのイソギンチャク(アネモネ)が生息していることからこの名前がついたポイント。

水底は砂地で最大深度は20m~です。
海況によりブイラインを使用することもあります。
水深12~16mに大きな谷があり、ハナミノカサゴ多く見られ、時期によっては食事シーンが見られることも。

インド洋固有種のスカンクアネモネフィッシュ、クマノミ、カクレクマノミが多く、他にも水底にはハゼが多く生息しています。シャークポイントのお隣のため、水底にトラフザメがいることも!
根の周りをフエダイやカマスなどが群れていることも多く、根にいる小物から周りの群れと、マクロもワイドも両方楽しむことができるポイントです。

シャークポイント1の根&2の根
キングクルーザーの東側に位置するポイント。一番北側の根(水面に出ています)には灯台があり、北側からNo.1、No.2と呼ばれています。(No.2は隠れ根です)

海況によりブイラインを使用することもあります。
水底は砂地で緩やかなスロープになっており最大深度は25mほどです。

ともにソフトコーラルやウミウチワが多く群生しているポイントで、インド洋固有種のスカンクアネモネフィッシュやアンダマン海固有種のトマトアネモネフィッシュを見ることができます。
水中生物も小物から中層を泳ぐ群れと、見どころの多いポイントです。
スズメダイ系の魚やバラクーダ、アジが群れていることもあります。

Tour Reviews

5.00 based on 1 review
March 10, 2019

DIVE1:ピピ島 ビダノック
DIVE2:ピピ島 タートルロック
DIVE3:シャークポイント

天気も良く晴れて、気持ち良く泳げました。
水温も適度でベストコンディション。
魚影も濃く、いろんな魚が見れ、サイコーでした。

Leave a Review

Rating